ヒゲに困る自分の生活について

私はヒゲがあってそれが非常に面倒だと思います。男性はヒゲの処理をすべきですが避けることもできます。つまり映画俳優のようにヒゲを伸ばしても自由なのです。

私は以前にヒゲを伸ばして後悔したので、今は直に処理をするような生活になっています。例えば食事でも酷いヒゲはないと助かります。

その他にも見た目を考えるとヒゲは不潔な雰囲気があります。

しかし映画俳優たちはヒゲが似合っているので不思議です。私は以前にヒゲが出てそれを異性に笑われたのです。

そこでは大きなショックを受けて嫌になりました。しかしヒゲを剃るためには入念なチェックが必要です。

ヒゲが邪魔になる時は殆どが食事中です。私はスープを飲んだ時にヒゲが汚れていることが分かりました。その状態で他人と相談をしていて恥ずかしいと思いました。

実際に食事中はヒゲがいらなくなるので処理が必要です。今はファッションヒゲもあるのですがそれは駄目だと思います。私はヒゲを処理している男性が普通だと感じます。

ヒゲは本当に邪魔で相手にも悪い印象になります。私はヒゲを剃った方が良いという言葉を貰いました。その言葉の通りでヒゲには悪いイメージがあると感じます。

しかしある時はヒゲを処理しないで仕事をしました。時間がないので結果としてこういう状況になったのです。

私はヒゲがあるままで仕事をして周囲に迷惑を掛けました。具体的には取引先の相手に悪い印象を与えたのです。

この経験の後はヒゲの処理を義務のようにしました。それは疲れることで投げ出さないようにしています。できるなら誰かがヒゲを指摘する前に処理をしたいです。

男性はヒゲの処理で本当に苦労していると感じます。私もそうなのでこの義務を忘れないような意識が欲しいです。

一番は、脱毛処理してしまうのが最も早い解決策かなって感じますね。<https://higedatsumo-shinjuku.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です